講師紹介

prof_masako


村上 摩佐子  - Masako Murakami -

6歳より久保幸子バレエスタジオにてバレエを始める。
久保幸子、谷本真由美、安達哲治、工藤大貮、マーティン・フリードマン、ロバート・デンバース、ガリーナ・サムソバ、余芳美、他に師事。



略歴

1990年
パリオペラ座公認講師、工藤大貮 氏主催の夏期講習会(日本)にて選抜され、パリ短期留学(招待)
1993年
日本バレエ協会「全国バレエの夕べ」安達哲治 振付「青春シンフォニー」に出演
「工藤大貮バレエ公演Ⅲ」(日本公演)工藤大貮 振付「グロリア」に神田うの らと出演
1994年
アントワープ市立バレエスクール(ベルギー)へ短期留学。主にパ・ド・ドゥやキャラクテール、他を学ぶ。
1995年
日本女子体育短期大学・体育科舞踊専攻卒業
卒業公演にて「パキータ・小粋な踊り子」に主役エトワールの踊りで出演
同年、NPO法人 NBAバレエ団(当時日本バレエアカデミー)に入団
同バレエ団公演 「第1回ゴールデン・バレエ・コースター’95/」の「パキータ(初演)」にソリストとして出演
以後、同バレエ団の国内外公演で活躍
2001年
NHKテレビで放映された「素晴らしきバレエの世界」にダンサーとして出演
2002年
NBAバレエ団・ロシア海外公演にソリストとして出演(NHKテレビにて放映)
同じくHNKテレビにて放映された「日中友好芸能フェスティバル」にダンサーとして出演
2003年
「オペラ・ミカド」にダンサーとしてゲスト出演(NHKテレビにて放映)
2004年
ピアニストであり、作詞、作曲家でもある平原誠之の単独X’masスペシャルコンサートにグノー「アヴェ・マリア」にゲストダンサーとして出演(振付:自作)
この初コラボは、音楽評論家や同氏のファンからも好評を博した。
2006年
NBAバレエ団退団
以後、現在に至るまで、後進のバレエダンサーの指導・育成にあたるほか、新体操の選手育成クラスのバレエ指導を担当するなど、幅広い活動を行っている。
2013年
目白の杜スタジオにて「大人の為のフィットネスバレエ」クラスを開設


■ ■ 新体操指導実績 ■ ■
2008年
●埼玉県ジュニア選手権大会 個人総合6位受賞
●関東中学校大会出場
●関東ジュニア選手権大会出場


出演した主な作品・公演

作  品
白鳥の湖、くるみ割り人形、ジゼル、コッペリア、眠れる森の美女、ライモンダ、他多作品
公  演
ゴールデン・バレエ・コースター、クラシカルスリーワークス、バレエネオクラシック秘蔵コレクション、他

クラシックバレエ作品以外にも ネオクラシック、コンテンポラリー、キャラクターダンスなど多くの役柄を幅広く演じた。